不断水工法なら断水せずに水道工事が出来る

水道は蛇口から綺麗な水を各家庭に供給してくれる大切な存在ですが、老朽化や何かしらのトラブルで水道工事が必要になる場面があります。

その時に断水をしてしまえば、料理の時だけでなくトイレやお風呂等を利用出来なくなるので、想像以上に大変です。その為不断水工法を利用しない工事の場合は事前に周辺の住民に告知をしたり、その間の水の確保の為に給水車を用意したりと災害時の様な状況になってしまいますが、そんな時に役立つのが不断水工法です。

不断水工法は、水道管の工事時に断水しないで済む施行方法の総称なので種類があり、水道管の本管から給配水する時に枝管の装着工事を行っていく分岐工法と本管の一部を切断してから切断部分に仕切弁かストレーナー等を挿入してから内部に設置して其処にT字菅等を接続させる事で断水を防ぐインサート工法が存在します。分岐工法を基軸として一部分の水道管の交換時に使われる事が多いインサート工法を利用する事で、日常生活に対する影響を最小限にして水道工事を可能にしてくれています。

不断水工法は水道を止める事無く工事を行うので、本管に穴を開ける時等に土や小石等が混入してしまうリスクはあるものの一時的に水を少し流し続ければ問題は解消され、その後は普通に水道を使用する事が可能ですから、断水するデメリットを考えれば許容範囲でしょう。日本は水道が広範囲で老朽化してきていますから、今後の水道工事の際にも陰ながら不断水工法が支えてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *