不断水工法で水道管工事も便利になった

各家庭でもキッチンやトイレに風呂場などでの水漏れトラブルを経験している方は結構多いのですが、現代の水道管はインフラ整備されてから約50年ほど経過している事から、老朽化によるトラブルなどから交換する工事が必要になっています。

しかし一昔前は水道管の工事と言うと断水して行わなければいけなかった為に、数日前から断水する周辺の住民への告知の徹底や、工事当日の給水車の手配に実際に給水する人件費など余分な手間暇がかかってたのです。また断水していた分工事が終わった後の最初のうちは茶色の水が出て来ることもあり大変不便でしたが、最近は不断水工法と言う工事によって断水させる事無く水道管の工事が可能になっています。

この不断水工法にも何種類かあるのですが、一般的なのは分岐設置やバルブ設置により断水する事無く交換する管から水を逃がして工事を行うので大変便利です。その反面で工事中に万が一異物が混入した場合は、その異物がそのまま水道管を経過して一般家庭に流れるといったリスクもある為に工事には工具など事前の徹底した点検と、熟練の作業員による工事が必要となります。

そう言った面でも不断水工法で工事を行う場合に依頼先を決める場合は、工事の価格だけで決めるのではなくネットでの口コミや評判をしっかりと調べる事で評価の高い会社を見つける事が可能です。インフラの老朽化によって自治体でも大規模な工事を計画する所もありますが、不断水工法によって水道管の工事は大幅に進歩しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *