不断水工法の種類とは

不断水工法というのは、大きく分けて2つの種類があります。

一つは本来の意味での不断水工法で、水道工事を行う際に、既に流れている水を全く止めることなく行うもので、例えば水道管の本管に対して新しく分岐を設けるとか、途中に弁を設置するといったものがあります。水道管には高い水圧がかかっていますからこのような工事は単純なことではできませんが、工事の方法や用いる器具などを工夫することにより水圧に対処しつつ工事を行うことも今では可能になっていて、種々の方法や器具が実際に用いられています。

一方、もう一つ別の不断水工法もあり、これは局所的には断水を起こしてしまいますから厳密な意味では不断水とは言えないのかもしれませんが、通常の方法で工事を行うよりは断水の範囲が狭くて済むことから不断水工法の一つとされています。それは、原理的には初めに書いた方法よりも単純です。初めに書いた方法では、水圧に正面から対処するために工事方法を工夫し、用いる器具もかなり特殊なものが必要です。

これに対して、後に書いた方法は、原理的には小学生でも十分に理解できるものです、単に、工事をしたい部分の前後の水道管を外から冷却材を当てて冷やし、中の水を凍らせてしまうというユニークな方法です。水道管を凍らせるなど、破裂してしまうのではないかと思われるかもしれませんが、あくまで局所的なものですから破損のおそれはありません。凍らせてできた氷が即席の止水栓の役目を果たすことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *