不断水工法は新しい通水路を設ける工事手法です

不断水工法と呼ばれている水道工事では、断水が起こらないため事前に通達を行う必要がないこと、作業を行う人数も最小限に抑えられること、工事コストを抑えられるなどのメリットが多数あります。

水道を使う側にとっても、事前に準備やスケジュールを組み替えるなどが要らなくなるメリットもありますが、断水にならないので設備の工事が行われていること自体を把握していない、普段通りに利用し続けられるなどのメリットを持つ手法と言えましょう。断水がない水道工事を実現するのが不断水工法ではありますが、この手法には通水が行われている水を凍結させる方法やバイパス路を設けて既設管を新しいものに換えるなどのやり方がありますが、バイパス路を設けるやり方は、主に水道管を新しいものに交換する際に利用されている不断水工法です。

バイパス路とは、通常の通水管に流れる水を、新しい配管に流すもので作業工程は最初にバイパス用の配管を取り付けて、こちらに水を流してから既設管を取り外すやり方になります。この間、通水のままで工事ができるなどからも不断水工法と呼ばれているわけです。

バイパス路を設けるためには、現在流れている配管に穴を開けることや仕切弁を開くなどが必要になり、これらの設備や工事に利用する道具類が必要です。従来は特殊な工法であると同時に、道具類についても高価なものが多いため、小さな会社さんなどでは導入ができないケースも多かったのですが、普及している現代においては価格も下がるなどからも需要は年々増加傾向を持ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *