不断水工法を採用する

不断水工法というのは、既設の水道管における水の流れを止めず、通水状態のままで必要な工事をするための工法といえます。

基本的に上水道での工事を前提としたものですが、現在では下水道工事においても同様の方法が採用されることがあります。以前の水道工事といえば、断水した上で本管の切断などの所要の工事をしていたため、断水による影響が水道を利用する世帯に広く及んでいました。まずは断水をしている時間はトイレや料理、入浴といった生活ができなくなってしまいますので、これを周知するためにあらかじめ回覧をしたり、チラシを配布するなどして施工会社のほうで手配をする必要がありました。

工事にともないサビなどが水に混入することがありましたし、配管内の清掃なども必要でした。不断水工法を活用すればこのような手間がなくなり、工事のスピードアップとコストの削減を狙うことも可能です。不断水工法とはいっても実はいくつかの種類がありますが、一般的には既設の水道管に穿孔機によって穴を開けて分岐させ、もとの本管はバルブを閉じて閉鎖することによって、周辺の民家などへの通水状態は維持しつつ、本管のほうの所要の箇所を工事するというものです。

このような工法も一般化してきていることから、最近は役所が工事を発注する際にも不断水工法の指定がなされることがあります。ほかにもあらかじめ工事にあたって施工会社のほうで役所に届け出ることになっている場合がありますので、その指示にしたがって運用します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *