不断水工法には断水が生じない以外にも多数の利点が

不断水工法は断水することなく水道設備の工事ができるメリットがありますが、断水は通水を一定の時間止めることであり、断水には様々なお金が掛かります。

一般的に不断水工法は水を使い続けることが一番のメリットに思われていますが、メリットは水が流れ続けることだけではありません。そもそも断水にしなければならない理由は、高圧で送られている水道管は、圧力により通水をストップさせなければ外すことはできない点です。工事を行う箇所が1箇所だけの時には断水させるための止水栓は一つだけ止めれば良いのですか、数ヵ所の配管を交換する場合は複数の止水栓を閉じることになり、多くの住宅や店舗、病院や百貨店などの施設が断水状態になります。

いきなり水が流れなくなればパニックになるため、事前の通達が必要です。通達は印刷物を利用して作ることになるわけですから、配布先が多くなればなるほどコストも必要になります。さらに、止水栓を開け締めする時に錆が内部に入り込み赤水を発生させるため、再び通水が可能になってもすぐに水道水を使うことはできません。断水の経験を持つ人は多いかと思われますが、そろそろ工事が終わった頃になった際には蛇口をあけたまま水を流した経験者も多いわけです。

流す水の量は断水になっていた住宅や店舗すべてとなるため、膨大な量の水を流していることになります。不断水工法では断水そのものがないなどからも、チラシ製作コストが削減できますし、止水栓を触らないので赤水による水の無駄も省くことが可能です。他にも作業者の削減や工事時間の短縮など不断水工法には断水工事のデメリットを取り除ける利点があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *