不断水工法は工事に掛かる費用の削減が可能?

水道工事と聞いた時、工事中は通水が止まるため、断水になって不便だと考える人は多いのではないでしょうか。

水道は生活に欠かせないライフラインの一つで、電気工事の時に生じる停電やガス工事の時の供給停止と同じく不便さを与えます。但し、電気やガスは事前に溜めておくことはできませんが、水の場合は予め溜めておけるなどの違いがあります。緊急性を持つ水道工事の時には事前準備を行うことは難しいかと思われますが、断水のお知らせを受け取っておけば前以て準備ができます。

所で、最近は不断水工法を使った工事が行われることも多く、断水のお知らせなども不断水工法は不要になるので、チラシも見なくなったと感じる人も多いと言えましょう。断水の時には影響を与えてしまうエリアに配布しなければなりませんので、工事のコストも高くなりがちです。断水になるエリアが広くなればなるほど、印刷部数も増えることなるわけですが、不断水工法で工事ができればお知らせを作る必要もありません。

尚、不断水工法では古くなった配管を取り外してから新管に交換するやり方ではありませんので、工事を終えた後に必要になる洗浄も不要です。洗浄するのにもコストが掛かりますので不断水工法では全体的な費用の削減効果を期待できるわけです。断水による工事は年々減っていると言われており、緊急時にも通水状態で工事ができるようなり始めたわけです。緊急時の時には前以てお知らせを製作することができない、多くの人々に不便さを与えてしまうなど、不断水による工事はメリットが活かされるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *