不断水工法の利点について

家を建てたいのだが、かかる費用はできるだけ抑えたい、と感じている住宅工事の施主はとても多いです。

工事費の削減には、建築規模を小さくすることや、部屋の間取りをさらにコンパクトに集約するなどの方法があります。重要なインフラである水道や下水道やガスは通常、道路に埋設された本管から分岐と呼ばれる幹から枝分かれを行って敷地内の建物に供給します。取り出し工事はほとんどすべての地方自治体で、施主の負担です。道路工事は車両の往来を規制して行われるのがほとんどなので、短期間で行うことで工事費の削減が実現できます。

加えて工事に伴って発生する断水は、周りの家庭への影響はされることはできません。こうしたことから開発されたのが不断水工法です。本管に分岐サドルを取り付けてから、ドリルなどで管に穴を開けて取り出し管を接続します。その後、取り出し管を接続して敷地内まで配管を布設します。上水管理を行う地方自治体の水道部局でも認可されているこの不断水工法は、従来の問題点を克服してさらに、安価で断水を無くして交通渋滞を引きこさない理想的な手法です。

この分岐サドルは上水管だけでなく、ガス管の布設や工事においても上水と同様に安価で短期間で作業を完了させることができます。ガス管にドリルで穴を開ける作業では火花が飛ぶことも考えらますが、ガスは酸素があって初めて火がついて爆発するので、作業での事故にはつながりません。また、上水管の取り出しだけでなく、本管の取り換えや配水ルート変更工事などに本管工事においても、断水をせずに手早く行うことができるのが不断水工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *