不断水工事で用いられるT字管

不断水工事の中でも多いものの一つに、既に水道水が流れている水道管の本管に対して枝管というか、T字状に新しく水道管を増設したいという場合があります。

このような不断水工事の場合には特殊なT字管が用いられます。割T字管とも呼ばれていますが、これは普通の水道管を丁度縦に2つに割ったような形状をしていることから名づけられています。どうして縦割りにしたような形状をわざわざ採用する必要があるのか、初めから普通の管を利用すれば良いのではないかと思うかもしれませんが、この割T字管を用いることにより、水道管本管の水圧に耐えながら枝管を作る不断水工事ができるのです。

割T字管は単に縦割りになっているだけでなく、先端部もまた特殊な形状になっており、ちょうど右手と左手で本管をしっかりと掴むような先端形状になっています。要するに、2つに分割されたそれぞれの管を合わせた際に、先端部で本管を掴むような形状に特殊加工されているわけです。もちろん、2つの分割管を接合したところとか、本管をつかむ場所とかはしっかりとパッキンがなされていて、そこから水が漏れてくるようなことはありません。

これで分岐管をしっかりと本管に接続することができました。ただ、もちろんこれでは本管の壁があるために、ただ枝管を作っただけで水がそこに流れてくることはありません。これはごく単純な方法で解決することができます。つまり、枝管の開口部から器具を挿入し、本管の壁に穴を開けることで達成できるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *