不断水工事にはいろいろなメリットがあります

不断水工事にはいろいろなメリットがあります。

普段の生活に支障がでないよう工事することができ、水を汚さずに工事することが可能です。圧送管路において供用開始後通水状態のままで分岐設置やバルブ設置などを可能にする方法が不断水工事です。この方法は上水道の給水分岐時において本管を断水せずに施工することができます。新しく開発されたもので、下水圧送管において空気弁の追加設置をおこなったり、バイパス管路用の分岐設置やバルブ追加設置などにも採用することが可能です。

圧送ポンプを運転する時に管内における水の排出だけで分岐したりバルブを設置することができ、今後圧送管路に関する多条化や切回し配管などに威力を発揮することができると言われています。不断水工事の手順として、まず既設圧送管における分岐取付部分を掘削した後、「割T字管」と呼ばれている既設管において設置可能な分割型T字管を取り付けたり、仕切弁などを取り付けることが可能です。

不断水穿孔機と呼ばれている特殊なコアカッターになっている穿孔機を使って仕切弁に取り付けることができます。仕切弁を全開にしてから穿孔機を始動すると既設圧送管を穿孔することが可能です。この時に切削される既設管の管片に関しては水圧によって穿孔機側に押されるので、切屑と一緒に穿孔機内に取り込まれる仕組みになります。穿孔が完了すると仕切弁を全閉してから穿孔機を撤去することができ、効率良く工事を遂行することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *