不断水工事とはどのような工事か

不断水工事とはどのような工事のことかご存じでしょうか。

読んで字のごとく、水を止めず水道工事を行う工法のことを指します。以前は水道管工事では断水させて工事をおこなっていました。住宅地にある水道設備は定期的なメンテナンス、場合によっては水道管交換などの交換修理が行われていますが、工事の際に通水がストップする、いわゆる断水状態で行われていました。

工事の時間は数時間程度ですが、この間は水道の蛇口から水が出ない、トイレは使用が出来なくなるなど不便な状態が起きていました。不断水工事では、この不便さを解決した工法で、通水させたまま水道工事を行うことができます。この不断水工事の工法の1つで、古い水道管を断水させずに分岐工事を行うことを不断水工法といいます。不断水分岐工法ではT字管と専用穿孔機を用いて、既設本管より穿孔分岐する工法で通水させたまま工事することが可能です。

この工法は地域住民に断水の通知をする必要もなく、工事完了後の洗浄排水等、断水工事に伴っていた弊害がなくなる以外にも工事費や工期の節減・短縮にもなります。このように工事を進める事で断水させることないため、数時間の断水を行うことによる住民からのクレームもなく、水道設備のメンテナンスが出来ることから工場施設などの設備工事などでは不断水工法による修理が広く採用されています。また工期が短いので、人件費のコスト削減できるメリットもあります。現代においては、様々な配管工事で広く採用されている工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *