24時間いつでも施工可能な不断水工事

蛇口をひねると水が出てくるのは当然ですが、かつては水道工事があると断水することがありました。

影響が最小限で済むよう、主に深夜に工事が行われていましたが、24時間活動している現代にはそぐわないものです。通水を止めず施工できる不断水工事の要望はかねてからありましたが、現実的になったのは1950年代からです。水道の配管は、敷設してから数十年サイクルで定期的に行うことが理想的ですが、現実には戦前に施工し既に老朽化しているもの、地震などの影響を受けて漏水などの不具合を起こしているものなどが混在し、その都度対応が必要です。

漏水部分を瞬時に復旧できる技術でもあれば別ですが、実際には不具合箇所を避け、問題ない部分の2箇所に分岐バルブを設けて繋ぐ施工が行われることが多いのです。これが不断水工事と呼ばれるもので、断水することなく実行できる工事ですから、使用者である一般市民、工事会社双方にメリットがあります。工事概要は、まず不具合のない部分の配管に特殊なカッターで穴を開け、止水できるバルブを接続、発生した破片は回収される仕組みになっています。

そしてカッターを取り外して設置したバルブを開けると分岐口ができますから、これを2点設けて接続し、不具合部分を処置すれば通水が止まり、工事会社の都合のいいタイミングで撤去、あるいは処置をすれば不断水工事は完了します。工事の際、配管内壁やカッター動作時に発生した石や金属破片は、通水による与圧を利用して全て工事機器で回収する仕組みになっています。

不断水工事は現在、一般住宅周辺の小口径配管から主幹配管である大口径のものまでカバーできる工法として大いに採用・施工され、現代の技術で製作された安心・安全な配管に交換するべく、日夜工事が行われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *