周辺住宅の生活に影響の無い不断水工事

「不断水工事」とは水道管内の水の流れを止めずに配管の分岐作業を行う工事のことで、現在の水道配管工事において既に主流になりつつあるとても重要な施工方法です。

以前は断水してから工事に取り掛かるのが一般的でしたが、その際、近隣で生活を営む住人に予め工事の告知をしなければならず、場合によっては給水車の手配も必要でした。また、工事中の断水に加え、水の流れを止めたことで管内に付着したサビが断水を解除した後に水流とともに剥がれ落ち、そのため施工完了後もしばらくの間は蛇口から赤く濁った水が出続けたりと、周辺住宅の生活にも多大な影響を与えてしまいがちでした。

しかし、不断水工事の施工はそういった手間や周辺住宅の生活への悪影響を全て解消するだけでなく、様々なメリットも期待できます。例えば、周辺住宅への告知や給水車の手配といった手間が無くなることで工事費の大幅な削減に繋がります。

また、水の流れを止めないため、管内にサビが付着せず工事完了後の管内清掃も不要になり、結果的に人件費の削減にも繋がります。なお、不断水工事には、大きく分けて二つの工法が用いられます。一つはT字管と専用穿孔機を使用し既設本管から穿孔分岐する「不断水分岐工法」です。この工法は、断水してから本管を切断したりT字管の挿入接合といった手間が省けます。もう一つは「不断水インサート工法」と呼ばれるもので、通水したままの水道管路に不断水でバルブ等を挿入するというとても画期的な工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *