不断水工事は住宅に迷惑をかけず生活を普通に送れます

不断水工事のメリットとして断水せずに水道管を工事することができます。

本来だと断水して水道管を切断した後、管を挿入し接合しなければいけませんが、不断水工事は断水することがないので工事の手間や時間を省くことができ、近くにある住宅や生活をさまたげることはありません。断水すると周辺の住宅にかなりの影響を及ぼしたり、工事前後に通知する必要があるでしょう。

工事する側はもちろん周辺の住宅にとっても弊害がありますが、断水せずに水道管を分岐するので毎日を生活を変えることがないので安心して施工することができます。T字管や専用穿孔機などを使用し、スムーズに行うことが可能です。

方法として仕切り弁が開いている際、穿孔機を取付けます。穿孔機カッターで水道管に穴を開け、カッターを戻し仕切り弁を閉じることが可能です。その後穿孔機を取外し分岐した配管を完了します。最後に仕切り弁を開け水道管を開通すると工事は終了です。このことから工事期間が短縮され、手順もシンプルなので人件費を削減することができます。不断水工事は分岐工法と凍結工法があり、凍結工法の場合、部分的な断水が発生するケースがあるのであまり利用されていませんが、バルブを動かさず工事するので赤さびなどが発生しにくい特徴があります。赤水の発生を防げることができるので、普段の生活を脅かすことはありません。断水が生じること影響を受けるのは家庭はもちろん、様々な産業や店舗などにも影響が及ぶので、断水しないで水道管を分岐することができる工事にはたくさんのメリットがあると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *