一般住宅の生活に影響を与えない不断水工事

工場やオフィスビルなどの業務用の建物は当然として、一般住宅でも生活のなかで毎日大量の水を使用しています。

たとえばキッチン、バスルーム、トイレや洗面所などはこうしたものの例といえますが、これらは水道管を通って各家庭に配水されている以上、定期的なメンテナンスによってその機能を維持することが不可欠です。

しかし長年の使用によって配管が劣化したり、何らかのアクシデントによって破損してしまうことももちろんあり得ます。このような場合には水道工事が必要となりますが、通常は断水をしてからの施工となるため、その間の一般住宅の生活には重大な支障が及ぶことがあります。トイレが流せなかったり料理がつくれなかったりというだけでも生活に不自由することは、誰でも想像がつくところといえるでしょう。

そこで一般住宅の生活への影響を最大限なくすことができるように考え出されたのが不断水工事です。不断水工事というのはその名前が指し示しているとおり、断水をすることなく必要な工事をする方法のことをいいます。不断水工事の方法はいくつかありますが、一般にはT字管などを使って既存の水道管のバイパスを一時的につくり、工事が必要なもとの水道管のほうはバルブで水の流れをシャットアウトすることによって行います。このようにすれば断水をする手間をかけずに工事ができますので、工事をする側にとっても、また生活上の影響が及ぶ一般住宅にとっても、両方にメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *