不断水工事は住宅生活に優しい

不断水工事は住宅生活に優しい工事だと断言できます。

この工事は特殊な工具を用いる事で水の流れを止めずに水道管の増設などの作業を進める方法です。一昔前なら水道管の工事において水の流れを止める事は当然の配慮だったとされています。ところがその当然の配慮には水が濁るデメリットが多発し、結局工事以外の対策が必要になるわけです。原因は古いバイブを動かす際に乖離した赤錆が水道管に紛れてしまったからに尽きます。

そもそもライフラインである水道の停止は一般人の住宅生活に支障を及ぼしますが、不断水工事はそれらのデメリットを解消可能です。赤錆の乖離と水道の停止の心配がいらないこの工事は元々上水道の配管のために考案された事が始まりとされています。

現在は上水道だけでなく下水道でも用いられている不断水工事ですが、住宅生活に優しい秘訣はその工法です。まず分岐工法と凍結工法と呼ばれている2種類の方法に分けられています。分岐工法は穿孔機のドリルで配管に穴を開け、凍結工法は文字通り液体窒素で工事する配管の部分を凍結させる作業です。前者は穴を開ける際に発生する金属片がネックですが、水圧で押し流されるのでライフラインへの影響はないと断言できます。後者はスーパーマーケットのような施設でもフロアごとという条件であれば開店中でも工事可能です。おまけに作業時間は短く、周辺への挨拶も必要ないのでコストがほとんどないメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *