不断水工法の概要と種類

不断水工法とは、「不断水分岐工法」と「不断水凍結工法」の二つを指したものです。

これらの工法は、上下水道の水道管工事に用いられる技術で、工事の際に断水をせずとも工事作業を可能にするというものです。従来のやり方では、古い管の交換や新しいバルブの設置などの工事を行うためには、作業で発生する不純物などがそのまま住宅に供給されないよう、その周辺の水道を止めて断水する必要がありました。そのため、それに伴った周辺住民への告知や、給水車の手配など、余計な労力と時間が掛かっていました。

ですから、この不断水工法の登場は私たちの生活にも密接に関係していると言えるのです。不断水工法には二種類の方法があります。それが、不断水分岐工法と不断水凍結工法です。分岐工法では、既設されている圧送管にT字管と仕切弁を取り付け、本管を削ったのちに穿孔機を取り外し通水します。削った本管を溶接するといった必要がないため、工事や工期の節減、短縮に繋がります。

凍結工法では、本管の両端を凍結させて一時的にバルブのように機能させることができ、その間に配管の分岐やバルブの取り替えなどを行うことができます。管にバルブの代わりのものが一時的に備わるので、建物全体を断水させる必要なく一部の断水のみで済むという利点をもっています。工事が終わった後には配管上には何も残らないため、そこも安心です。これら二つの工法によって、工事中でも問題なく普段と変わらないように水を使うことができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *