日常的な生活に不便を生じさせない不断水工法

日本の公共インフラの整備は、世界各国との比較でも抜きん出ており、電気やガス・水道水の供給に関しては極めて安定しているものと評価されています。

これらは「ライフライン」(生命線)とも言われ、安定的な供給が絶たれてしまうと日常的な生活に著しい不便を生じさせるために、それぞれの公共インフラの維持管理者にとっては、それを維持管理し安定性を確保することが至上命題とも言えるでしょう。特に水道に関しては、日本が水資源の豊富な国であることも手伝い、途切れずに供給が続くものというイメージが根付いています。

比較的大規模な地震などの自然災害等で電気やガスの供給がストップした場合であっても、水道水の供給は安定して継続しているというケースも少なくありません。つまり、現代の日常生活において、水道水の供給がストップすることは想定されていないものという認識を持つことが必要です。

不断水工法は、水道管の工事を実施する場合にも、水の供給を妨げることなく施工を可能とする技術です。多くの水道工事事業者がその技術を継承・発展させており、実に多くの不断水工法が開発されています。施工時の断水を防ぐことで、工費の圧縮や工期の短縮などの大きなメリットも得ることができます。現場の状況に合わせt不断水工法を採用することで、よりそのメリットを享受することが可能となります。これから工事を発注する施工責任者の方は、ぜひ多くの不断水工法に関する情報を集めたウェブサイトをチェックすることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *