不断水工法にはいくつかの手法があります

水道管を断水せずに、工事を行う手法を不断水工法と区別が行われています。

一般的には、内部を流れる水を止める、いわゆる断水工事が主流ではありましたが、技術の進化および装置類の低価格化などで不断水工法が一般化していると言われています。不断水工法のやり方ですが、本管から分配水を取り出す時に利用する枝管の取り出しを行う分岐工法、本館の切断部分に仕切弁やその他の装置を挿入する、インサーティング工法と呼ぶ手法があるのが特徴です。

止水のやり方の違いにより、バルブおよび補助金具を用いて機械的に止める方法、枝管内部を液体窒素などの低温媒体で凍らせて、栓をしてしまう方法などもあります。凍結方法の場合、小口径の給水管の漏水修理、補修弁に異常が見つかった消火栓の交換工事などで活用される方法で、短時間でできる、しかも限定的に止水ができるなどから、本管の断水をすることなく工事ができるメリットがあるわけです。

尚、不断水工法は給水用の小口径を本管部分から取り出す手法として取り入れが始まったと言われているのですが、不断水工法の歴史の中では、分岐口径が50mmの工事に使う、割T字管と呼ばれるものが昭和30年代に考案され、それが実用化になったのです。昭和の時代は水道工事と聞くと断水が必要になることも多く、多くの人々が蛇口から水を使うことができない不便な時間を過ごすことも少なくなかったわけです。現代では断水による工事は減少していると言います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *