不断水工法は断水工事で生じるデメリットを回避する

水道工事には通水を止める断水方式、通水のままで行う不断水工法の2種類があります。

断水方式の場合は高い水圧を止めなければならないため、止水栓を閉じることから始めます。水道管は道路下に埋まっている設備で、止水栓も内部にあるため、装置がどこにあるのかを知るための図面が必要です。仮に、工事の時に図面を忘れてしまえば作業が遅れてしまうなどから注意しなければなりません。最も、重要な図面類を事前に揃えておくことは基本ですから、こうした事態が起きることはないかと思われますが、断水工事ではこのような注意も必要になるわけです。

工事中は完全に給水がストップするため、事前に利用者に知らせておくことも必要です。水道工事は計画的に行われる、この計画が決定した段階で通知が行われます。しかし、水道工事の中には水道設備の故障などに伴う緊急修理が必要なケースもあり、通知する時間がないケースもあります。

不断水工法では止水栓を閉じる必要もなければ通知を行う必要もありませんので、緊急時の修理でも水道利用者に不便な思いをさせずに済みます。従来、不断水工法は断水することができない場合に利用が行われていた工事手法だと言われていますが、普及することでより多くの工事業者が対応することができるようになり、現代では不断水工法が一般的になっているようです。そのため、数年に一度は断水の通知が来ていたけれども、最近は通知が来ない理由の中には不断水工法が役立つ存在になっているのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *