コスト・時間の節減が可能な不断水工法

不断水工法は断水せずに配管工事を行うことができる、水道工事の手法の総称です。

文字通り、通水状態で工事ができるわけですから水道利用者側にとっては魅力的なものです。しかし、不断水工法は利用者に迷惑を掛けずに済むなどのメリットがあるだけではなく、工事を行う側にも様々なメリットがあります。そのメリットは大きく分けるとコスト・時間の2つです。時間を短くできるとコストも下がるなどの相乗効果があるわけですが、公共工事の場合は自治体が主催となり入札の形で工事業者を選出するやり方です。

入札できる業者さんは一番値段が安い、見積もり額が低い業者に落札の権利を与えるわけですから価格が安く済む不断水工法は有力であること、底値と言われているような金額で請け負っても利益の確保ができるのではないでしょうか。作業時間を短縮できる理由の一つに止水栓の開閉作業があります。止水栓は水の流れを一時的にシャットアウトして流れなくするための装置で、住宅にも同じような止水栓が付いています。

例えば、玄関先には住居内への給水をストップさせるための元栓、洗面台やキッチン下の収納内にあるそれぞれの設備の装置、そしてトイレや浴室など各設備に設置が行われています。これと同じような機能を持つ装置が水道設備に設けてあり、工事区間の手前にある止水栓を閉じる、そして工事を終えた後は再び開けるなどの作業が必要です。住居内であれば数十秒で開け閉めができても、道路の場合は車で移動などが必要になるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *