緊急時の水道設備工事も不断水工法なら迷惑がゼロ

断水にならない水道工事のことを不断水工法と呼びます。

新管を最初に取り付けるため、流れを止めずに新しい配管を設置でかるメリットがあるわけです。断水の場合は、流れを止めるため、止水栓を閉じなければなりませんが、止水栓を回すと内部にこびりついている錆が水道管内部に入り込み、金属腐食による赤水が発生します。錆が水道水に混入することで赤水と呼ばれているもので、色が赤色をしているわけではありません。

さらに、新しい配管に交換する時に水の入り口が露出されるなど、不純物の混入もあるため、工事が終わったからと言ってもすぐに飲料水や調理に使えるわけではありません。一般的な水道工事は計画的に施工が行われるため、日時や完了時刻を定めた後は利用者への告知を行います。しかし、必ずしも予定された時だけでなく、緊急で水道工事が行われることもゼロとは言い切れません。仮に、水道管が何らかの理由で亀裂が入ることがあれば、それをそのまま放置しておくわけには行きませんので緊急工事が必要です。

このようなケースでは開始時刻や完了時刻を告知する暇もないため、蛇口を回しだけれども水が使えなくなり不便な状態になってしまいます。不断水工法が普及している現代では、利用者への迷惑が掛からなくなり、いつでも工事ができるようになったわけです。不断水工法はかなりの歴史があると言われていますが、普及するまでは断水が当たり前でしたから、このような画期的な手法があることを知らない人も多くいるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *