不断水工法の原理はどのようになるのか?

不断水工法は水が流れている状態のままで水道管を交換したり、止水栓などの設備機器の交換や水道設備各種のメンテナンスを行うことができる工事方式の総称になります。

しかし、水道管の内部は強い圧力により水が流れているため、そのままでは繋がっている水道管を取り外すことはできません。この場合は通水を停止するため、工事区間内に設けられている止水栓を閉める必要がありますが、止水栓を動かすと金属腐食でもある錆が水道水内に流れ込み赤水を作り出すケースが多いのです。

ちなみに、断水工事の経験を持つ人は分かるかと思われますが、赤水は蛇口を開けたままにしておくと汚れている水が流れて、飲料水でも使えるようになりますが、不断水工法では止水栓のバルブを触れることはないなどからも、水道の工事が終わったなどに関係なく、安心して水道水を使い続けることが可能です。さらに、止水栓の開閉は工事区間に応じて変わりますが、開閉作業なども要らないため工事コストの削減や時間の短縮を図れます。

高い水圧で送り込まれている水道管も、既設菅に平行に新しい水道管を設置し、そのままの状態で水の流れを新しい配管に移せば止水栓を閉めずにバイパスができます。これが不断水工法の基本的な原理であり、生活への影響をあたえることなく設備の修理やメンテナンスを実現しています。全体的な工事のコストも下げることができる、水道設備の故障に伴う緊急時の水道工事にも役立てられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *