上水道の不断水工事について

水道本管から建物までに給水管を取り出す際に用いられているのが不断水工事です。

これは、重要なインフラである上水道を取り出し工事によって断水させることのないように開発された工法で、現在ではほとんどの取り出し工事においてこの方法が用いられています。不断水工事では、水道の本管に割T字管と呼ばれる部品を取り付け、付属の穴を通してドリルを用いて穴あけを行います。付属の止水弁は閉まったままであれば開口時に噴出する水はごくわずかであるため、本管の断水の必要はありません。

本管は常時水圧がかかっているため、穴あけの際に発生する金属のくずが本管内部に落ちる心配はありません。都市ガスの本管の取り出し工事においても、水道管と同様なこの工法で作業がなされています。穴あけの際に火花が発生しても、酸素がない状態のガス管ではガスに引火することはありません。不断水工事では短期間で作業が完了するため、工事中の交通規制を必要最小限とすることができます。

このことによって、規制に伴う工事費用の削減から工事費用の低コスト化が実現され、施主負担が原則である水道の取り出し工事にメリットがあります。本管から分岐可能な管のサイズは最大で50ミリメートルですが、本管そのもののサイズが小さいこの工法が使えませんので注意が必要です。事前に上水道管理者である自治体の水道部局と協議をしておくことがたいせつです。同様に道路工事となるので、道路管理者である自治体の道路部局と警察と消防とも事前に協議しておくことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *