不断水工事がもたらした恩恵

近年、日本では自然災害が多発しており、その度ごとにライフラインが機能不全になってしまうことに注目が集まっています。

例えば、水が出なくなって給水車が出動したり、ガスや電気が止まったりするなどです。ライフラインがストップするのは非常に不便ですが、自然災害の前にはどうすることもできないというのが現実でしょう。ライフラインが止まってしまう原因は、自然災害ばかりではありません。実は人間活動によっても止まることがあります。例えば、水道管の工事をする場合には、一度水道管の水をストップさせなければいけません。

しかし、実は現在では、工事によって水道が止まってしまうという事態はかなり避けることができるようになっています。それは、不断水工法という工事手法が開発されたためです。不断水工事というのは、文字通り断水をしなくても行える工事ということです。不断水工法にはいくつかやり方がありますが、とにかく断水が起きないということで、工事を行なう地域の周辺住民にとってはとても有り難いものです。

工事中でも水は普段通り使うことができますし、水の汲み置きなどもする必要がありません。工事の前後で昔はよく発生していた赤水の心配もなくなりました。また、工事業者にとっても、各家庭をまわって断水の告知をする必要がなくなりましたし、工事の時間も大幅に減らすことができています。自然災害はどうしようもありませんが、人間の活動はこうやって改善していくことができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *