水道工事が不断水で出来るようになりました

水道管を工事するときには流水を停止して分岐配管をするのが、それまでの方法でした。

ですので、近所に暮らす人の生活に対して大きな影響を与えることになります。工事中は水道を利用することが出来ず、前もって水をバスタブなどに溜めておく必要がありました。水洗トイレの場合は水を流すことが出来ない不都合まで生まれ、工事中はわざわざ必要のない外出する人もいたのです。施工会社は何日も前から近所の方たちに、お知らせをして給水車を用意するケースもあり、それなりに経費が発生していました。

ところが、それらの問題をまとめて解決する方法が最近では主流になります。すでに設置されている配管の中の水流を止めることなく施工することが可能な不断水工法と言う方法で、水が流れている配管の中でも分岐させたいところに割T字管を装着する訳です。その上にバルブを装着して、その後に穿孔機を取り付けます。穿孔機に搭載されたドリルで、穴を配管に開けて元の場所まで戻す訳です。

配管の穴から水が流れ込んでくるためバルブを閉めて水を止めます。穿孔機を外すと以後の配管工事を断水させたときのように進めることが可能です。不断水工法が取り入れられるようになると、従来のような段取りをする必要がなくなり経費や人件費の削減に繋がります。更に、今までは作業が済んでから配管の中を掃除する必要があって蛇口からはサビで赤く濁った水が出てくる場合があったのですが不断水工法なら、そのようなことはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *