不断水とはどんなもの?

最近は水道工事を行う時に、不断水工事をする場合があります。

水を止めて作業をする断水はよく聞きますが、「不断水」はあまり聞きなれない言葉なのではないでしょうか?不断水は、言葉通り断水をしないで工事をする方法です。多くの配管が張り巡っている場所の工事は、どのバルブを閉じれば良いのかわからないこともあります。そんな時に水を止めずに行う画期的な方法として広まっています。この方法にはさまざまなメリットが多くあります。

古いバルブを回す必要がないので、赤錆が出るのを防ぐことができます。多くの住民が断水しなくても良くなるのも、住んでいる側からするととても助かるでしょう。たとえ短時間でも水が使えない生活はなかなか不便です。工事中もいつも通り水が使えて、不便なく生活できるのが良い所なのです。付近の住民に伝えなくてはいけない手間もなくなるので、どのタイミングでも行いやすいのも特徴のひとつとなります。

不断水工事には大きく分けて、分岐工法と凍結工法の2種類があります。分岐工法は既設管に穴を開けて行います。つまり通水状態で分岐設置をして、交換する配管付近でバイパス施工をするのです。凍結工法は工事を行う場所の両端を液体窒素で凍結させるのです。どちらにしても不断水工事は通常の水道工事に比べると、短い時間でできることが多いです。メリットが多くコストの削減にもつながるので、この先一般的に増えていく水道工事となっていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *