不断水というのは水道工事の方法のことです

不断水という言葉を聞いても、あまりぴんと来ない人も多いでしょう。

ミネラルウォーターの一種かと思う人もいるかもしれません。しかし、実はこれは水道工事の方法の一つで、その名の通り断水を行わなずに配管工事をすることです。このことを不断水工法と呼んでいます。かつて水道工事を行う時は、水道を止めて排水を行ったうえで、工事に取り掛かっていました。このため水が止まる、いわゆる断水となっていて、工事前は水の汲み置きをしなければなりませんでした。

しかもこの方法は、数時間水道が使えないことのみならず、水道を止めることによって水が汚れるリスクがあり、様々な点でデメリットも多かったのです。その後この不断水工法が用いられるようになってから、水道を止めることなしに配管の増設工事、あるいは撤去などを行うことができるようになりました。元々水道管は老朽化することから、定期的に工事を行う必要があったのですが、この不断水工法を採り入れることにより、その地域に迷惑をかけずに工事を行うことが可能になりました。

そういえば最近、断水がなくなったという人もいるかもしれません。それはすべて、この工法のおかげなのです。一般には耳慣れない言葉であっても、このような工法が行われているということを、頭の片隅に入れておくといいでしょう。特に一般家庭のみならず、工場やコンビナートなど水を多量に使う場所では、水を止めずに工事を行えるというのは、かなりのメリットであるといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *