水道工事中でもいつも通りに水が使える不断水工法

水道工事が行われるとき、かつては該当する地域が断水になることが一般的でした。

最近では不断水工法を用いて工事が行われるため、水道工事中でもあまり気にせずに水を使うことができます。不断水工法には、分岐工法と凍結工法の2種類があります。分岐工法は、既設管にバルブまたは割T字管と仕切弁を取付け、削孔機で穴を開ける工法です。凍結工法では、作業箇所の両端を液体窒素で凍結させて工事を行います。どちらの工法も古いバルブを動かさずに作業ができることがメリットです。

従来の方法ではバルブを動かしていたため、古いバルブについている赤さびが工事中に剥がれ落ちてしまうので、工事後に配管内を清掃する必要がありました。かつては断水が解除された後、水道水に赤さびが混じるために、水が透明になるまでしばらく水を流していたという記憶がある方もいらっしゃることでしょう。でも不断水工法ならバルブを動かさなくて良いため、古いバルブについている赤さびが剥がれることもなく、配管内の清掃も必要ないのです。

作業が削減できれば工事時間の短縮や作業人数の削減になり、コストの大幅な削減につながります。周辺住民への告知や給水車の手配が必要ないことも、コスト削減のひとつです。一般家庭においても、水道工事費用の負担が少ないほうが良いですし、工事中でもいつも通りに水を使えるのはとても便利です。効率良く水道工事ができる不断水工法は、最近の主流になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *