不断水工法には主に2種類ある

水を止めないで工事が出来る不断水工法には、主に分岐と凍結工法の2種類があり、どちらも既設管内の水の流れを止めないで配管工事を行います。

1959年に上水道の配管工事をする技術として開発されて、現在は分岐も凍結も上下水道の工事に採用されていて、分岐だと割T字管と仕切弁、穿孔機を使用して機械的に穴を開けます。凍結は液体窒素で作業箇所の両端を凍結させて、この部分はバルブの代わりとして機能しどちらも古いバルブを動かさないで作業が出来ます。不断水工法が開発されるまでは、古いバルブを閉じて水の流れを止めてから作業を行ってました。

古いと一般的に赤さびが付着していて水の流れを止めるために、動かすと赤さびが剥離されて水が赤く濁ってしまいます。新しいバルブや分岐管を設置してから配管内の清掃が欠かせません。工事現場付近にバルブがないと広範囲で水の流れを止めなくてはならず、広い範囲で断水になると周辺の住民対して告知や給水車の手配も必要です。そららを行うには手間や時間がかかってましたが、不断水工法だとそれらの作業を全て省くことが可能です。

分岐や凍結もこれまでの方法と比べて短時間で配管工事を行うことが可能で、付帯作業の省略と工事時間が短縮されることで総合的に工事の期間も短く出来ます。この工法は工事期間が短くすんで人件費などのコストも削減出来るメリットが大きいです。経営効率の改善に役立つので、現在では多くの配管工事で幅広く採用されていて都市部では殆ど採用されてます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *