水道を止めずに工事をする方法「不断水工事」

不断水という言葉は水道工事の専門用語です。

普段の生活のは耳慣れない言葉と言えます。しかしながら、工事のためとはいえ断水する時間が長引くのは、日常生活に支障をきたす可能性もあります。水が止まれば炊事洗濯はもとより、お風呂も使えなくなってしまいます。非常に不便に感じてしまうでしょう。従来の水道工事においては、水を止めてから水道管の中を排水する必要がありました。一旦排水することで配管内が汚れたりしてしまい、通水時に汚れた水が流れてしまう事がありました。

水道工事の度に汚れた水が蛇口から出てくるのは、衛生的にも好ましくなく、きれいな水になるまで水道を流し続けなければなりませんでした。そこで考案されたのが「不断水工法」と呼ばれる、水を止めずに水道工事を可能にする方法です。配管の増設・分岐はもちろん、老朽化した配管の撤去・交換などが断水することなく行えるようになりました。不断水が行われるようになってからは、工事作業の簡素化が可能になり、工事コストの低減にも役立ちます。

工事中において配管内に異物が混入する恐れはあるものの、長時間の工事による断水が発生することは無くなりました。近隣住民からのクレームも軽減できるなどの精神的効果ははかり知れません。普段我々があまり気にしない水道工事において、不断水工事が可能になった恩恵は水道事業だけではなく、地域で生活する人達にも多くの利潤をもたらしています。不断水によって水道が止まるという不便から解放されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *