水道工事には不断水工法が最適

一般的に自宅や会社の周辺で水道工事を行うときには、工事の知らせが配布されたりします。

学校や病院、介護施設や工場などがある地域だと、水が止まると大変困るため給水車も用意されてその分手間や時間、費用などもかかります。断水だと普段の生活にかなり影響が出てくるので困りますが、断水にしないで工事が出来るのが不断水工法です。現在使っている水道配管の側面へ別の配管を設置し、工事をしている間はそちらへ水を流してから空洞になった配管を工事します。

このような不断水なら水が止まることなく維持が出来るため、断水の告知や給水車を用意するなどの手間なども省けます。不断水は他に一時的に端の水を凍らせるなどの方法もありますが、工事をする場所や状況によってどれが最適かは違います。この工法だと工事時間も短くなって経費削減になるので現在の日本では主流になっています。水道の水質保全には、定期的補修や清掃などは欠かせません。

自治体の水道局できれいな水を提供しても水道管に問題があると意味がなくなり、公衆衛生面でも水道工事はとても重要なので効率よく無駄なく確実に行う必要があり、この工法を上手に活用していくことは今後も増えると予想されます。水を止めることなく不便性がないだけでなく、通水したときに出る赤さびなどの心配もありません。一般的な家庭でも水が出ないと困るものですが、実は工場などでも水は大量に使っているので水を止めないで出来るこの工事は最適といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *