不断水工事で生活を守ります

電気やガスと並んで、水の供給は生活には欠かせないものです。

水道にもしものことがあれば、たちどころに私たちの生活に影響します。しかし、市水が整備されたのはかなり前からであり、現在使用されている水道管もいたる所が老朽化しています。そのため、水道管の工事は頻繁に行われています。ここで大きな力となっているのが不断水の技術です。一本の水道管で周辺の多くの住宅に水を供給しているため、一か所の工事で多数の家庭に断水を引き起こす恐れがあります。

そこで、不断水の技術を使って工事を行い、断水の発生を抑えるか、限定的なものにします。不断水の技術は年々進んでいますが、水の流れを止めないために水道管にバルブを設置して迂回路を作って、不具合のある部分を修理する工法です。あらかじめバルブが設置されている部分ならば良いのですが、多くの場合は設置されていません。そこで特殊なT字管を取り付け、専用穿孔機を用いて、水の流れを止める事無く水の迂回路を作ります。又は、工事する部分を瞬間的に氷結させて工事するなど、多くの技術が生み出されています。

マンションなど集合住宅での水道管工事でも、その施設に即した不断水の技術が使われており、他の家庭に迷惑を掛ける事無く工事ができます。もちろん、大変太くて大容量の流れている水道の本管工事に適した技術もあります。不断水の技術が進歩したおかげで、工事期間の短縮や工事費用の削減にもつながっており、今後益々その技術は進歩していくことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *