不断水の工法だとメリットが多い

水道工事でよく行う不断水の工法は水の流れを止めないので、各家庭で使う水や各種産業、医療施設などの都市活動での支障が出ません。

断水での水の汲み置きや事前告知、給水車の手配もいらず、工事を終えたあとに管内の清掃も不要で前後でも赤水が発生しないメリットがあります。都心部では殆ど断水は行ってないといわれてます。現在は水道は欠かせないインフラ設備で、断水になると大きな影響があります。時期や再吸水の時間などの告知や、長期間止まるとなると給水車まで欠かせません。

工場や病院などはたくさんの水を使う施設なので、時間や期間などに制限が出てきたりするため断水の影響を最小に抑えるために考えられたのが不断水です。不断水で配管を分岐させるときは、分けたい場所へ割T字管と呼ばれる管と仕切弁をつけて穿孔機で既設管に穴を開けます。穴が開いたら機械を引き抜いてから仕切弁を開けて通水をします。他にも交換したい配管の両端を凍結させて短時間で交換してから回答する凍結方法もあります。

不断水は水が止まらないので関係している地域への影響が少なく、告知や給水車などの手配など手間がかかる作業がいりません。水を止めて工事をすると通水再開になったときに赤さびが剥がれ出て水を汚染するので、管内の清掃が必須でしたがそれもしなくてすみます。工期が短時間になるので人件費などのコストも抑えられて良い面が多いです。手間や余計な作業などが軽減できる、工事をする業者も一般の人もメリットが多い方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *