不断水工法とはなんだ?

不断水は日常生活においてはあまり聞きなれない言葉です。

不断水とはどのようなものなのでしょうか。不断水とは一つの工事の方法で、断水をすることなく水道工事を実施することを言います。具体的には、昔設置した水道管を断水することなく、新しい水道管を分岐工事する工法です。従来の工事方法では昔の水道を止めて排水をしてから工事をするため、断水時に水が汚れてしまうと言うトラブルがありました。そこで、水道を止めずに配管の増設や撤去を実施する手法が主流となり、現在では不断水工法が主流の工法となっています。

ただし、不断水工法には少々リスクがあります。工事途中に異物などが混入した場合、水道でその混入物を含んだ水が提供されてしまうと言うリスクがあります。普段あまり聞かない工法ではありますが、この工法は社会においてはとても重要な役割を果たしているのです。水は日常生活を送る上ではとても大切なものです。

また、工場などにおいても、断水が行われてしまうと、工場の操業を止めざるおえないのです。この工事方法は、断水を防ぐことができ住民が安全に水道を利用できるようにしてくれる工法です。この工法のメリットは、断水がないため地域への影響が少ないことです。この工事方法を採用すると、従来工法と比較して、工期を短縮することが可能で、人件費などの工事に関わるコストを抑えることも可能です。このようなメリットがあるため、現在の水道工事においては、この工法を採用するのが主流となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *