災害復旧の効率化に貢献する不断水工法

水道は人々の生活の中でも水道インフラとも呼ばれ、必要不可欠な存在であることは確かです。

しかしながら地震や台風、ゲリラ豪雨などの気象、他にも火山などの噴火などが起これば、水道インフラが壊滅的なダメージを受ける可能性が高くなります。こうしたインフラは人の命にもかかわることもあり、その早期的な復旧を推し進めることは必要不可欠です。そういったシーンで活躍するのは不断水工法で、それは使用している水道管を活かせた状態のまま分岐などを行うことができる工法になります。

災害の復旧では水道管の破裂がよく起こっておりますが、その破裂した配管を交換する作業が必要不可欠です。その交換作業を行う中で不断水工法を行えば、一度給水を開始したエリアをまた断水にしないで、効率よく破裂した配管の交換作業を済ますことができるようになります。以前は不断水工法が存在しなかったので、一度壊滅的なダメージを受けてしまった水道インフラの復旧に時間がかかってしまったのも事実です。

ところが現在では不断水工法が確立されているため、復旧作業を用意にすることにも繋がり、それによって早期復旧ができるようになっています。もちろん災害復旧の現場だけでなく、インフラ設備の老朽化もクローズアップされており、そういった老朽化でも活躍しております。今後も不断水工法の技術は、国内にとどまらず海外にも行き渡る可能性も高く、社会インフラ整備の中でも重要とする技術になることは言うまでもありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *