パワーコンディショナーを選ぶときのポイント

###Site Name###

パワーコンディショナーを選ぶときのポイントとして、変換効率の高いもの太陽光発電では重要になります。
発電した電気は直流なのでそのまま家庭で使うことができず、交流に変換しなければなりません。このときに損失が発生するため、その効率の良さを表す値になります。



平均としては95%なのでどのメーカーを選んでも大きな違いはないため、最優先で考慮する必要はありませんが、他の性能を比べて迷ったときはこれが高いものにすると良いでしょう。

適切な設置場所があるか確認も必要です。


家を新築するのと同時に太陽光発電を導入するのであれば設計時に設置場所を作ることができますが、既存の住宅に導入するとスペースの確保が難しいことがあります。



パワーコンディショナーは放熱するためのファンを使用するものが多いので、稼動している日中は騒音が発生します。



それほど大きな音ではありませんが、居間などの人がいる場所の近くにしか設置できない場合には低騒音のファンレス構造のものを選ぶか、屋外型にします。

近年の買取価格の引き下げを補うための使い方に過積載がありますが、パワーコンディショナーの保証が受けられなくなる製品もあります。

過積載の需要の増加に伴ってメーカーでもこれに対応した製品を販売するようになってきているので、この使い方をするのであれば対応しているものを選びましょう。
なお、導入済みの太陽光発電に過積載を行うと、規制によって買取価格が現在のものに引き下げられる場合があるので注意しなければなりません。