パワーコンディショナーは適切な場所に設置する

###Site Name###

パワーコンディショナーは適切な場所に設置しないと発電効率が低下したり、生活に影響が出てしまうので注意しなければなりません。

メーカーが推奨しているのはケーブルを最も短くできる配電盤の近くですが、既存の住宅では洗面所になるためスペースの確保が難しく、また、水を使う場所なので水をかけてしまう危険性もあります。

配電盤の近くにする理由として、パワーコンディショナーと接続するケーブルが長いと電気が通る際に損失が発生するのでこれを少なくすることと、抵抗が高くなって電圧が上がることを防ぐためです。
電圧が高くなると電圧抑制によって出力を停止してしまうため、頻繁に発生すると発電効率が悪化します。


リビングなどの近くに設置する場合には騒音が発生することを考慮します。

夜間は稼働しないので騒音はありませんが、日中は少なからず発生するので音に過敏な人がいるとストレスになります。
良い設置場所がないからと靴箱の中などに入れてしまうのも問題があります。

パワーコンディショナーは熱に弱いため、密閉した空間では放熱できず、温度抑制で出力を停止したり、寿命を縮める原因になります。

屋内に設置場所が見つからない場合には屋外型のパワーコンディショナーを選びましょう。



この場合も熱を持たないように直射日光を避けられる場所に設置します。



また、防水対策がされていますが、過信せずに寿命を延ばすために風雨に晒されないところを探した方が良いでしょう。