パワーコンディショナーは縁の下の力持ち

###Site Name###

パワーコンディショナーとは太陽光発電システムに欠かせない機器なのですが、太陽光発電システムを導入した経験のない人のほとんどはその存在を知りません。太陽光発電システムというと、住宅の屋根の上に乗っているあのパネルをイメージする人が多いと思います。

あのパネルは太陽光線を集めて電気を生み出すもので大変重要なのですが、あれだけでは発電システムとしては不十分です。


太陽電池パネルで作られた電気エネルギーというのは、そのままでは家庭で利用することはできません。

普通の住宅における電気というのは交流の電気が使われています。

しかし太陽光発電システムで作られた電気は直流なので、そのままでは家庭で使うことができないというわけです。そこで必要になってくるのがパワーコンディショナーです。

パワーコンディショナーは、太陽光発電システムで作られた直流の電気を、交流の電気に変換する役目を担っています。変換することで家庭内で様々な用途に電気を利用していくことができるようになります。



このようにパワーコンディショナーは、太陽光発電システムにおいて非常に重要な役割を果たしているのですが、発電パネルと違い通常は外から見えない地味な場所に設置されているのでまったく目立ちません。



ですからほとんどの人はその存在を知らないわけです。

また、パワーコンディショナーは直流から交流への変換だけでなく、出力を調整して電力会社に電気を売れるようにしてくれる機能なども備わっています。