太陽光発電におけるパワーコンディショナーの役割

###Site Name###

電気料金の削減の為に住宅の屋根に、太陽光発電のパネルを設置する光景が良く見られます。

近年では、そうした光景以外にも広大な敷地や少しの空き地にもパネルを設置して、発電しているのを目にする機会が多くなりました。


化石燃料を使わずにクリーンなエネルギーは、次世代の為には大変重要な発電方法です。

太陽光発電は、使用しない電力を電力会社に売電する事が可能です。
最近ではそれを目的として設置する方も多くいて数が増している要因の1つです。
太陽光発電で重要な部材はもちろんパネルですが、それだけではシステム全体をまとめる事が不可能です。

心臓部となるパワーコンディショナーが無ければいけません。

パワーコンディショナーは、太陽光パネルから送られてきた電流を変換したり供給電力を調整したりする役割があります。
発電される電流は直流で、乾電池と同じなので家庭用電化製品を稼働させる事が出来ません。



よって、交流電流へ変換させて使用できる様にするのです。


次に電力を調整する役割としては、太陽光発電で一番の問題は天候に大きく左右される事です。

曇ったり雨であったり季節によっても大きく発電量が低下します。



パワーコンディショナーは、こうした変動を平均化して最大となるポイントを割出し、常に安定した電力を供給できる様に調整する役割があります。

しかし、最も大切な役割として系統保護があります。



システムでトラブルがあれば、送電線を伝い周辺の住宅などに甚大な被害を及ぼす事になります。
その為、問題が発生すれば直ぐにシステム全体を遮断して被害を及ぼさない様にする役割があります。