パワーコンディショナーの選び方で収益率が変わります

###Site Name###

太陽光発電を行う際には、機器の購入にかかる費用を先行投資とみなし、この費用を回収できる期間を明確に設定することが利益を確実に得るために非常に重要です。


しかしそのためには毎月の発電による収入をしっかりと予測し、これに見合った金額の設備を準備することが必要になります。

設備の金額を積算する上では、できるだけ安い価格で発電効率の良い設備を購入したいものですが、発電効率に大きく影響するものとしてパワーコンディショナーの存在を忘れてはいけないものです。
パワーコンディショナーは発電パネルが発電した電力を販売することができる電力に変換すると言う重要な機能を持っていますが、その収容率と価格は必ずしも比例するものではなく、また機器の価格が大きく変動することから、発電設備に最適なものをできるだけ安い価格で購入することが必要になります。


パワーコンディショナーを購入する際に誤りやすいポイントとして、将来的な発電パネルの増量を考え大容量のものを選んでしまうと言う点があります。



理論的には大きな容量を持つものほど発電電力あたりの単価が安いことになりますが、実際には太陽光発電は日照時間やその他の要因により発電量が日々変動するため、理論上計算された発電量ではパワーコンディショナーの性能が適さない場合が多いのです。



この場合過剰な投資となる危険性もあり、投資額を十分に回収できないことも少なくありません。

そのため、パワーコンディショナーを選ぶ際には実際に発電できる電力をしっかりと確認してから選ぶことが大切です。



そのため、当初はリースを利用するかもしくは小さな容量のものを購入しその発電量を確認してから交換や増設を行うことが最も良い方法です。