パワーコンディショナーの役割

###Site Name###

太陽光発電で発電された電気は、通常直流なので、家庭でも使えるように、交流に変換する変換気がパワーコンディショナーです。パワコンと呼ばれたりします。



しかし、パワーコンディショナーの役割は、発電した電気を家庭用に変換するだけではありません。

太陽光発電システム全体を、効率よく稼働させる役割も担っています。



パワーコンディショナーがなければ、太陽光発電の発電効率が悪く、もちろん発電した電気を家庭で使うこともできません。

とても重要な働きをしてくれています。

太陽光で発電するパネルは、実は、電圧や電流が安定しているときは、発電効率がいいのですが、曇っていたりして、電圧と電流が不安定になると発電効率が悪くなってしまいます。

そんな状態でも、発電量を少しでも大きくするために、最大出力点を探して、自動で発電量が最大になるようにパワーコンディショナーが働いてくれています。



また、災害時など、停電が起きた時にも電気が使えるように、自立運転機能が付いているものがあります。

災害時にせっかく充電している電気を使えないのは不便ですから、自立運転機能付きのパワーコンディショナーがおススメですが、自立運転機能の付いているものは、付いていないものよりも、金額が少し高く設定されています。どんな機会にも寿命があります。
使用環境などによっても違いが出ますが、寿命は10年から15年くらいだといわれています。変換効率、価格、最大定格出力、保障期間など、業者さんにしっかり確認してから購入、使用してください。