パワーコンディショナーの役割とは何か

###Site Name###

パワーコンディショナーは太陽光発電システムの一部であり、主な役割として発電した直流の電気を家庭で使用できる交流に変換します。

変換効率は製品によって差異がありますが、主流メーカーの平均値では95%という高い水準になります。



太陽光発電では常に同じ日射が得られるわけではないため、発電量が変化します。このときに最大効率で発電できるようにするMPPTと呼ばれる制御があります。


全てのパワーコンディショナーに備わっている機能ではないので、効率を高くしたいときは確認しておきましょう。電圧抑制と呼ばれる、法律を守るための機能もあります。安定して送電を行えるように、電線内の電圧を一定の範囲に保つように定められており、電圧が規定値を超えたときに出力を停止します。

これが発生しても故障するようなものではありませんが、出力が停止すれば売電できなくなってしまうので、利益に影響します。

頻発するようであれば原因を突き止めて対処しなければなりません。

非常用電源として利用する場合には自立運転機能のあるパワーコンディショナーが必要です。



停電などの異常時には周囲に悪影響を与えないように系統連係保護機能で発電が止まります。



そのため、外部へ電気を出力しないように自立運転に切り替えることで発電できるようになります。

なお、非常用と言っても太陽光発電なので単独では日中しか利用できません。

夜間も使用する場合には昼間に電気を溜められる蓄電池も必要になります。