パワーコンディショナーは室外に置く方が良い

###Site Name###

パワーコンディショナーは、太陽光発電で得た電力を交流に変化させる装置です。
太陽光電池で得た電力は直流なので、これを交流に変えないと、電力として使うことはできません。

パワーコンディショナーには、いろいろな種類があるので、自分の家庭や会社に合ったものを選ぶ必要があります。



パワーコンディショナーを使う時は、その設置の場所が問題になります。

室外と室内の2つがありますが、室外の方が理想的です。

室内に置いた場合は、パワコンの性能が落ちる場合があります。家の中に置くと、室内の温度が上昇します。

上昇すると、パワコンの中も温度が上がって、温度抑制装置が働き始めます。
そのような状態になると、パワコンの性能はダウンしてしてしまいます。



また室内に置いたら、音が気になる場合があります。



極端にうるさい音ではありません。しかし、ずっと音を出し続けているので、敏感な方だったら、それが耳に入っていらいらすることがあります。


ただし、室内に置くパワコンもメリットはあります。


室外設置のものにくらべて、劣化が少なくなります。最近は室外におけるパワーコンディショナーが増えてきました。室外のものだったら、家の中はその装置の影響を受けにくくなります。

上記に書いたような温度の上昇がありません。
音も響かないので、家の中で過ごしやすくなります。

風や雨による劣化が心配になりますが、その2つの対策を施したパワーコンディショナーが発売されています。