太陽光発電に必須のパワーコンディショナー

###Site Name###

パワーコンディショナーは、太陽電池モジュールが作り出した直流電流を、一般家庭で利用できる交流に変換するインバーターです。

一般の住宅内で使っている電化製品はすべて交流電流なので、パワコンは太陽光発電システムに必須の精密機器と言えます。

また電力会社に売電する際も、交流電流に変換する必要があります。



太陽光パネルには、10kW未満の住宅用と10kW以上の産業用がありますが、いずれの場合も、パワーコンディショナーの変換効率は95%以上の製品が多いです。



高性能のパワコンによっては、約97.5%の変換効率を維持している機器もあります。



価格は、集中型で25万円から35万円前後が相場です。


一般的にトランスレス方式のものが販売されています。
さらに屋内型より屋外タイプの方が、少し高めの価格設定になっています。

また塩害対策や湿気対策が施されているタイプも販売されており、利用者に好評です。
さらに最大出力量が大きいソーラーパネルであれば、それに適した高性能のパワーコンディショナーが必要になります。
大手の電気機器メーカーなら価格も安く、さらに最適な発電量を出力できるMPPTという機能が搭載されています。

この機能によって、日射量の低い曇りの日でも、一定の発電量を保つことができます。


回路数も多く、10kW以上の産業用太陽光発電システムにも活用できます。

ただし売電収入を上げるために過積載をする場合は、パネルとパワコンの互換性なども考慮し、安全な範囲でパネルを増設すべきです。